2軍党首で政権交代やる気あるのだろうか?-みんな後ろに隠れた-

なんとも姑息な人たちの政党だ。選挙で負けた責任を取るなら引退すべきだが、どうみても2軍の党首候補者を矢面に立て、盾の後ろで復活を虎視眈々と狙っているようだ。
不思議なことに、 4人の候補者は、 党の立て直しを目指すというが、最大の敗因である共産党との連携について 誰一人、反省と代案を語らない。
元執行部への忖度は、自民党と同じだ。
当然、これらの2軍選手たちに総理大臣となる覚悟は微塵も感じられないし、その器量も経験も実績もあるようには、みえない。つまり新しい野党第1党は、政権交代を目指す政党ではないということとなる。
おそらく、来年の参議院選挙も勝てないので、ここは一旦引いて最安値を拾おうとばかり、長妻、安住、福山、蓮舫、渡辺周、玄葉などの実績のある政治家各氏も、みんな後ろに隠れて、次を目指す。いやもう一人、傀儡候補を立てた大ボス枝野氏も。